20代30代の薄毛の原因と対策

今や女性も薄毛で悩む方が増えてきていて、男性のみの悩みではなくなってきました。
年齢の高い女性特有の悩みだというイメージがありますが、実は20代や30代という若い女性でも薄毛に悩んでいる方が増えています。
きれいのホルモンと言われている女性ホルモンのエストロゲンは、20代後半辺りから徐々に減少していきます。
この時期にホルモンバランスの崩れが起きてしまってエストロゲンが減ってしまうと、若い女性でも薄毛になりやすいです。
仕事が最も忙しく見た目も気になる年代ですから、生活習慣の乱れやダイエット、ヘアケアなどが影響して、ホルモンバランスの崩れや頭皮ダメージなどが原因となって抜け毛が増えたり、薄毛になったりしてしまいます。
若い世代ですから薄毛の原因を取り除いて正しいケアをすることで、薄毛は改善してくれますから心配しなくても大丈夫です。
まずは生活習慣の乱れから改善していきましょう。
食事は髪の毛の栄養の源なので、しっかりと栄養バランスの整った食事を心がけ、髪を作る元となるたんぱく質が不足しないようにしましょう。
また、寝ている間に髪の毛は作られていきますから、睡眠時間や睡眠の質を高めるのが大切です。
女性にとって体型は重要かもしれませんが、ダイエットの頑張りすぎが栄養不足や血行不良を招いてしまって、薄毛を進行させてしまいまいす。
食事制限系のダイエットを頑張りすぎないようにして、無理のないダイエットに取り組みましょう。
そして、健康な頭皮でないとしっかりした髪の毛が作れませんから、頭皮のダメージ回復に努めましょう。
パーマやカラーリング、日々のヘアケアが頭皮に大きな負担をかけてしまいます。
パーマやカラーリングのしすぎは頭皮に刺激を与えてしまいますから、回数を控えるようにしましょう。
また、日々のシャンプーをアミノ酸系などの優しいタイプに変えるだけでも効果があります。
頭皮にダメージを与える強い成分が入っておらず、皮脂を根こそぎ奪うのを防止してくれて、髪の地肌に優しいです。
毎日使うものだからこそ頭皮の髪に優しいものを選びましょう。